スポンサードリンク

ハーブティー

teaserver1.gif ハーブは様々な効用があるといわれ、香りや色を楽しむため

 心身をリフレッシュさせるためにハーブティーを飲んでいる女性も

 少なくないようです。



たくさんあるハーブの中から、薬効が高いといわれているハーブをいくつかご紹介しますので、自分好みのハーブティーを見つけ心身のリフレッシュに役立ててみてはいかがでしょう。



▲ページトップへ



teacap1.gif  【ローズヒップ】



心理的、肉体的なストレスは、大量のビタミンCを消費するようです。

ビタミンCが不足すると、ストレスに弱くなり、体調不良を引き起こすリスクが高くなるようです。

ローズヒップに含まれるビタミンCは、レモンの約20倍以上といわれています。

他にも女性に不足しがちなカルシウム、鉄などの栄養素も多く含んでいます。



効果



肌荒れ、眼精疲労、風邪の予防など。



▲ページトップへ



teacap1.gif  【タイム】



殺菌作用があり、肉料理の際には風味付けを兼ねて使用されています。



効果



疲労回復、消化促進、肩こり、腰痛の痛みをやわらげる。



▲ページトップへ



teacap1.gif  【カモミール】



リンゴに似た甘くフルーティーな香りがあり、鎮静作用と消化促進作用に優れ、古くから民間薬として使用されていたようです。



効果



不眠症、神経性の便秘、冷え性などを改善。



▲ページトップへ



teacap1.gif  【ラベンダー】



清々しい香りのするラベンダーは、ハーブの中でも特に人気の高いハーブで、精神的ストレスから緊張や不安を取り除き、気分をリラックスさせてくれます。



効果



高血圧、消化不良、神経痛などにも有効で、健康改善に役立つようです。



▲ページトップへ



teacap1.gif  【ローズマリー】



くせがなく飲みやすいですが、刺激的な香りがします。脳の働きを活性化して集中力を高めてくれるといわれているようです。



効果



血行促進、強壮作用があり、体の内側から疲れを癒してくれます。

他に低血圧、肩こり、貧血を改善に役立つようです。





【注意事項】



ハーブに含まれる成分によっては医薬品と同時に、摂取すると副作用を生じる場合や成分によっては食物アレルギーを発症する場合もあるようです。

体調不良、妊娠中、持病などがあり医師にかかっている方は、飲用前に必ず医師に相談し、指示に従い飲用下さい。





【関連ページ】−メンタルケア

オイルマッサージ

アロマテラピー

バスタイム



▲このページのトップへ




スポンサードリンク